ネット証券の始め方

従来の株取引は、取引をしたい人が証券会社まで出向いて窓口で売買を申し込んでいました。
この方法では、証券会社の営業時間に窓口に出向くか、証券会社の担当営業マンに電話をして売買の指示を出すのが普通の方法でした。
この方法だと普通のサラリーマンは株式を長期保有することはあっても日常的に売買するのは非常に難しかったのです。

ところが、インターネットが普及して株式そのものが電子化され、銀行取引もネットバンキングが一般化すると、株取引もネット証券として普及しました。
従来の店頭取引もネット証券も両方扱う証券会社を総合証券会社、ネット証券専門の証券会社をネット証券会社といいます。

ネット証券の場合には、インターネットで口座開設をしておけば、早朝や深夜でもパソコンやスマホで売買注文を出すことができます。
また、仕事中に取引状態が気になれば簡単に確認することができます。
サラリーマンや主婦などが手軽に株取引ができるようになったのです。
また、取引の場所もえらびません。
海外からでも、売買注文が出せるのです。

ネット証券は、取引金額の単位が小さいこと、取引手数料が安いことも大きな特徴です。
従来の店頭型では店舗運営費がかかり、取引のたびに何らかの人件費がかかっていたのですが、ネット証券ではそのような経費が大きく削減されたからです。
株取引とはどんなものか、少額から始めてみたいと考えている方にはネット証券がおすすめとなります。



≪SPECIAL LINK≫
岡三証券グループが運営しているネット証券です → 岡三ネット証券